変形性膝関節症は年齢とともに現れる|コツコツ骨の傷み改善

中高年に多い膝の症状

膝の痛み

膝の軟骨の擦り減り

人間は年齢を重ねてくると、膝の軟骨が徐々に擦り減っていくことになります。その結果として、膝関節が通常の位置とずれが大きくなっていき、やがては変形性膝関節症が起こってきます。変形性膝関節症になると、歩く際に膝の骨が直接擦れることになり、骨の付近の神経を刺激して鋭い痛みが出る症状が出てきます。このような症状が起こってくると、膝の激痛のために歩行が困難になってくることも考えられます。変形性膝関節症が進行してしまった場合には、外科的な手術が必要となってきます。また、膝の手術を受けた後には、歩行のためのリハビリを行う必要も出てきます。このように変形性膝関節症のために手術を受けるのは大きな負担が生じるため、症状をできるだけ進行させないことが重要となっています。

サプリメントで対応

変形性膝関節症の特徴としては、膝の軟骨が完全に擦り減ってしまうケースが多いです。膝の緩衝材がなくなってしまったために、強い痛みが生じることになります。したがって、日々の変形性膝関節症の予防としては、膝の軟骨成分をサプリメントなどの形で摂取しておくことが挙げられます。膝の軟骨成分としては、グルコサミンとコンドロイチンが有名です。両方を同時に摂取することで、膝の軟骨成分が作られることになります。長い間、膝の痛みで悩んでいた人の中には、グルコサミンとコンドロイチンのサプリメントを飲んで、症状が和らいだ人も少なくないです。しかし、全員がサプリメントを摂取すれば治る訳ではないのも事実です。そのため、日々の生活の中で体重を減らしたり、激しい運動を控えるなどの膝への負担を減らす努力が大事となってきます。

膝に起こりやすい疾患

笑顔の男女

変形性膝関節症は肥満、加齢、怪我などで発症します。また、更年期を迎えた女性にも多く見られます。一度発症すると完治させることが難しいため、何かしらの予防をする人が増えています。特に効果的なのがサプリメントや運動による予防です。

More Detail

関節軟骨の成分の摂取

老夫婦

関節軟骨の変性を抑制できるかが、変形性膝関節症では大切になります。そこで日常からの摂取が人気になっているのが、グルコサミンのサプリメントです。ただし関節軟骨の成分には、コンドロイチンなども存在していて、同時に摂取することも必要です。

More Detail